Digital Wabi-Sabi

ローランドエアロフォンGOという楽器


ローランドがウィンドシンセサイザーを出したことは知っていましたが、最初にあの形状を見たときから「これはダメだな」「あまりにも玩具っぽくて、触手が伸びないな」と感じて、黙殺していました。
しかし、小型のAE-05が出て、少し気持ちが動き始めます。
やはり本体だけで音が出せるのは魅力だし、なにより小さくて軽いのがいい。コンサートやレコーディングには使えないけれど、老人ホームの慰問や、旅行のときに車の助手席で吹くような使い方なら魅力的ではないか、と。
で、WEBにUPされている動画をチェックしましたが、どれもライン出力をそのまま録音した音のようで、本体から直接出ている音ではなさそうです。
ようやく見つけたのが⇒これ
う~~ん、ショボい。でも、これはデジカメでサッと撮っただけだろうから、実際にはもう少しマシな音なのでは? と、甘い考えを持ち、悩んだ末にポチしてしまったのでした。
5万円オーバーは痛いです。失敗したら立ち直れません。
しかし、予想以上に失敗でした。
音のショボさもさることながら、私にとってはEWIにくらべて操作性が悪すぎる。オクターブキーやベンドキーがただのボタンで、しかも押しづらい位置にある。
音階キーを押すたびにカチャカチャ音がして、それだけでも演奏にのめり込めない。
要するに、「楽しくない」楽器でした。……私には。

サックス経験者の練習用?

もちろん、この楽器が向いている人はいっぱいいると思います。
サックス奏者や吹奏楽器経験者には、EWIのようなタッチセンサー方式は指を完全に離さないと音が変わらないのがどうしても許せないので、エアロフォンのようなボタン方式のほうがはるかに馴染めるようです。
小学校のリコーダーしか触っていないという初心者(実は私も55歳でEWIを手にしたときはそうでした。管楽器の経験ゼロです)でも、EWIよりずっと取っつきやすいかもしれません。
本体のショボい音も、「室内ででかい音が出せない練習用だからこれでいい」という人がいます。ヘッドフォンをつければ音も問題ないわけだし……と。
サックスの室内練習器としては重宝する……なるほど、それはそうかもしれません。

本体スピーカーから出る音はショボいですが、内蔵音源の質そのものはかなりよくて、LINE出力すれば、ステージでも使えるくらいのクオリティを持っています。(パーカッションは絶対に不要ですが……)
特にヴァイオリン音源は羨ましい。これがEWIに内蔵されていたらどれだけ魅力が倍増することか……。

ただ、ローランドは管楽器経験者だけが対象ではなく、管楽器をやったことのない人たちに広くこの楽器を売りたいのだと思います。広告を見てもそんな感じだし……。
であれば、かつて存在したカシオのデジタルホーンDH-500のほうがずっと魅力的な楽器でした。音もAE-05よりはずっとふくよかでしたし、キーもこんなにカチャカチャいわなかったような気がします。
私はDH-500でしばらく遊んでいた時期があり、そのときのイメージが残っているので、ローランドAE-05はカシオDH-500の進化版になっているのでは? と期待したのですが、それは完全に裏切られました。
要するにエアロフォンは設計思想が中途半端なのではないでしょうか?
外部スピーカーを使うことを前提にプロ用の楽器を作りたいなら、もっとキータッチや配列などに気を使うべきだし、単体で気軽に楽しめる楽器として広く売りたいのなら、何よりも内蔵のアンプとスピーカーの質・構造を重視した作りにすべきでしょう。スピーカーの裏側にロードホーンを設けて音を膨らませるとか……。
このままだとどっちつかずの楽器として埋もれていく気がします。

そもそも、ヤマハのWXやカシオデジタルホーンが消えていった理由はなんだったのか? そのへんをシビアに考え直す必要がある気がします。
ローランドがウィンドシンセサイザーを開発してくれたことはとても評価していますし、応援もしています。でも、今のままだと、サックス経験者など、管楽器を知り尽くしている人がこの製品の内容を理解した上で買う、ということ以外にはあまり用途が想像できません。
私のようなまったくの管楽器未経験者が「これならできそう」と気軽に手を出すのはどうなのでしょう……。

というわけで、後は↑このリポート動画を見て判断してください。
届いた初日に、箱から出してすぐにこれを撮りましたので、まだ全然慣れていません。少し練習すれば、キー操作はもっとスムーズにいくでしょうが、指に伝わる感触がきつくて、私はこれ以上馴染めないような気がします。


Amazonで購入Amazonで購入は⇒こちらから


待望の第2弾。『Digital Wabi-Sabi2 ─My Mouse Plays the Piano─』 iTunesストアで発売中↑Click



iTunesストアは「jin soda」で検索を!
こんなEWIの世界があった! 
『Digital Wabi-Sabi ─As Easy As EWI』 iTunesストアで発売中↑Click
(または、iTunesを開いて「jin soda」で検索!)


Amazon で
アマゾンMP3でも発売中!↑ こちらは高音質のMP3ファイルで900円!


index(内容は随時更新の予定)

EWI4000Sを知るまでの挫折の記録

大学生の時のサックス3日坊主、アルトリコーダー、カシオデジタルホーン、YAMAHA WX1、YAMAHAサイレントチェロ、ザフーン……とすべて数日で諦めて、ついに出逢ったのがこれ! EWI4000Sはなぜ続けられたのか? こちら

オクターブローラーという最初の壁

親指の角度を変えることに気づくまでひと月かかってしまった。 こちら

Gスケールから練習するといいよね

Cスケールだけでなく、いっそGスケールから始めてみてもいいんじゃないの?  こちら

複数のキーポジションを使い分ける

曲やフレーズによってやりやすいポジションが変わる こちら

ベンドキーの魔力

これを使いこなせば一気に表現力UP。癖になりすぎて怖い?  こちら

なんちゃってブルース

セッションの定番といえばブルース。これをとにかくそれっぽくやるためのガバサクとは? こちら

音源の選び方、考え方

EWIという楽器をどう考えるか? 「何かのシミュレート」ではなく、EWIという楽器として考える(サンプルで紹介)  こちら

EWI5000 発売直後の試奏感想

待望の新製品EWI5000が出た! さてその実力は? プロが使える楽器たりえるのか? 今後の展開は?  こちら

EWI5000 4000S Ariaの吹き比べ

ライブや録音で3つのEWIをどう使い分けるか。あなたにとっていちばんしっくりくるEWIはどのスタイルか?  こちら

EWIのソロ練習に最適なiRealProというソフト

スマホやタブレットに入れてあらゆる曲の伴奏を再生。テレビに大きくコード譜を映し出し、好きなスタイルで伴奏してもらえる超お勧め環境とは? こちら

New! ローランド エアロフォンGOを試す

本体にスピーカーが内蔵されているというのがエアロフォン最大の売りだと思うが、あまりにもショボい音。さらには操作性が玩具っぽい?(このページ)こちら

とにかく手にしてみよう



EWI5000
EWI5000
EWI4000S(W)の後継機。音源は管楽器シミュレーションを中心に一新。電源は単三乾電池×4本からリチウムイオン電池に。そしてワイヤレス搭載! 望まれる新機能を満載しながら、外形はEWI4000Sと同じにしたので、EWI4000Sに慣れたプレイヤーが今まで通りの感覚で吹ける。
ただし、音色や微妙なレスポンスの違い(どっしり感や粘り感)に関しては好き嫌いが分かれそう。私自身はいじってみた末に「やはりライブでは今まで通りEWI4000Sをメインに使おう」と決めました。
いずれにせよ、YAMAHAがWXを製造中止にしている今、世界のウィンドシンセサイザーはEWIに。

EWI USBというのもありますが、初めての人はEWI4000SかEWI5000を買ってください。EWI USBは音源内蔵ではなく、PCに接続しないと演奏できないので、なかなか練習する気になれないからです。
安いEWI USBをまず買ってから……と思うと、EWIの楽しさが分からないまま挫折するのではないかと思います。価格が倍以上違いますが、初めてのEWIこそEWI4000SかEWI5000を買う、これがポイントです。 ご案内はこちら

EWI4000S
EWI4000S
EWI4000Sは2013年に販売終了となり、引き続きEWI4000SWが売られていましたが、いつのまにかSWも終了し、4000Sに戻っているようです。
EWI5000が出た今、出番がなくなったかと思われがちですが、粘り気のある太い音色はEWI5000よりもずっと「EWIらしい」と思います。吹いているときの楽器との一体感や微妙なブレスコントロール、ベンド奏法における反応などもEWI5000よりアナログっぽい反応をしてくれるため、私はさんざん比較した末に、ライブではEWI5000ではなく4000Sを使うことに決めました。
EWI5000が出たために、今後、EWI4000SWも製造中止というようなことになると、プレミアがついてしまい、入手困難になることもありえます。その意味でも、最初の1本にEWI4000SWを選ぶのも賢い選択だと思います。 ご案内はこちら

EWI USB
EWI USB
EWI USB は本体に音源が内蔵されておらず、コンピュータにUSB接続しないと音が出ません。しかし、付属するAriaという音源の中にあるヴァイオリン(TH)やチューバなどは非常に魅力的な音源で、「デジタル・ワビサビ」の道具としては最適と言えるでしょう。EWIを使った私のアルバム『Digital Wabi-Sabi』(このサイトで収録曲のサンプルをお聞かせしています)でも、結果的にはほとんどがAriaのヴァイオリン音源を使いました。ライブはやらず、もっぱら録音で使うことを前提にしているならこれでもいいのですが、本体はEWI4000や5000に比べると楽器本体がややチープな作りです。その分、軽いという利点もありますが、私は右親指の第2ポジションキーが効かなくなるという不具合に複数の楽器で遭遇しており、楽器としての安定性、堅牢性にも少し疑問を抱いています。
ご案内はこちら

アンプ
ZT AMP「Lunch Box Jr」
Luch Boxをさらに小型にした弟分。この大きさ(小ささ)からは信じられないような音がするとギタリストたちの間で評判のアンプ。これなら居間のキャビネットなどにセットしておいても邪魔にならず、いつでも気軽に練習できます。
ご案内はこちら

ワイヤレス化
ワイヤレスシステム SAMSON AUDIO AirLine Guitar AP1-AG1
エレキギター用のワイヤレス化システムですが、EWI4000S/4000SWに使えます。世界中のEWI吹きがこのセットを使っているようで、YouTubeのライブ動画などでもこれをつけたEWI4000Sをよく見かけます。私も使っていますが非常にレスポンスがよく、ストレスを感じません。
新製品のEWI5000には最初から無線システムが内蔵されていますので必要ありません。 ご案内はこちら

Bluetoothで
Bluetooth小型パワードスピーカー PDX-B11
音はLunch Boxには圧倒的に負けますが、Bluetooth受信再生ができるので、カラオケをスマホやiPod touchなどに入れておき、Bluetoothで再生し、本体からの音をライン入力でつなげば、自動的にミックスして出力してくれるのがとても便利。
乾電池駆動が可能なので、車などに積んでいけば、車内でも野原でも砂浜でも練習できます。音質は硬くて痩せているので、音的にはEWIに向いていない(高音がキンキンして安っぽく聞こえる)のですが、とにかく重宝するので、1台あると便利です。でも、電源があるところではやっぱりLunch Boxですね。音の迫力や細やかさが全然違います。
EWI5000 click here to see more
↑Click で製品情報へ

1つ前に前のページへ       Homeへ       

★タヌパック音楽館は、こちら
★ギターデュオKAMUNAは、こちら
★狛犬ネットは、こちら
   takuki.comのHOMEへ(takuki.com のHOMEへ)