English is here.English is here (click)
Digital Wabi-Sabi  EWIfan.COM

EWIの魅力とまだ知られていない可能性を紹介   EWIfan.COM

AKAI professionalブランドで作られているEWI(イーウィ)というウィンドシンセサイザーの魅力と可能性について、私(作曲家・Jin Soda)が知っていることを書いています。

EWI4000SとEWI USB ……こんなかたにぜひ知ってほしい楽器が「EWI」というウィンドシンセサイザーです。
私は57歳6か月でこの楽器(EWI4000S)を初めて手にして、1か月後にはバリバリの現役ジャズメンとセッションをするという無謀なことをしていました。
過去に、サックスはもちろんのこと、EWIと同じウィンドシンセサイザーであるYAMAHAのWX5にさえ数日で挫折しています。カシオのデジタルホーンも少しやってみたことがありますが、電池が液漏れして壊れてからはゴミになってしまいました(製造も中止されたし、そもそも玩具みたいで人前で吹くにはかっこ悪すぎたし……)。
そんな私が、EWIだけは今も(このサイトを立ち上げた2013年1月2日現在、まだ始めて3ヶ月ですが)続いていて、おそらく死ぬまでこの楽器とつき合うだろうと予感しています。

EWI4000S(その後のEWI4000SWは色が違うだけで基本的にEWI4000Sと同じもの。2014年夏に出たEWI5000は同じサイズのボディにまったく別のデジタル音源を内蔵し、無線機能もつけたニューモデル)は、
……これがEWI4000/5000の魅力です。
え? そうなの? と、ピンときた人は、ぜひ、論より証拠で実物を手にしてみてください。一気に世界が広がるかもしれません。
「もしかしたらできるかも?」と思ったら、ガバッと決断して購入し、サクッと気軽に練習を始めましょう。
EWI初心者である私が、初めてEWIを手にしたときの戸惑いや疑問にどう対応していったか、記録していきます。


 セッション (2014年4月26日 Daddy's Cafe KAMUNA x Erik Santos)

(1年経過した2014年1月に追記)
EWIを始めて1年経った時点で、自分がEWIでやりたいことがかなりはっきり見えてきました。
それは「デジタル・ワビサビ」です。
EWIを知っている人、すでに始めている人の多くは、T-SQUARE的なギンギンの音を連想すると思いますが、私がやりたい音楽はむしろ微妙なニュアンスを楽しめる「ワビサビ」表現の道具としてのEWIです。
1年経って分かったのは、EWIの可能性をいちばん感じさせる音源はサンプリングしたヴァイオリン音源だということです。
今では録音時のほとんどがEWI-USBに付属しているAria音源の中のViolin(TH)です。
これからは、EWIで擦弦楽器サンプリング音源を使うことの意味と可能性について追求していくつもりです。
「EWIでデジタル・ワビサビ」⇒こちらのページへどうぞ

↑Safariの人はこの三角印をタップすると「デジタルワビサビ」風EWI演奏が流れます
ChromeやFirefoxの人は多分、自動再生されていると思います。
『Another Christmas』のラスト

index(内容は随時更新の予定)

EWI4000Sを知るまでの挫折の記録

大学生の時のサックス3日坊主、オカリナ、アルトリコーダー、カシオデジタルホーン、YAMAHA WX5、YAMAHAサイレントチェロ、ザフーン……とすべて数日で諦めて、ついに出逢ったのがこれ! EWI4000Sはなぜ続けられたのか? こちら

オクターブローラーという最初の壁

親指の角度を変えればいいということに気づくまでひと月近くかかってしまった こちら

Gスケールから練習するといいよね

いっそGスケールから始めてみてもいいんじゃないの? こちら

複数のキーポジションを使い分ける

同じ音を出すのに複数のキーポジションがある。どう使い分けるか…… こちら

ベンドキーの魔力

これを使いこなせば一気に表現力UP。癖になりすぎて怖い? こちら

なんちゃってブルース

セッションの定番といえばブルース。これをとにかく手っ取り早く、それらしくやるためのガバサク理論とは? こちら

音源の選び方、考え方

EWIという楽器をどう考えるか? 「何かのシミュレート」ではなく、EWIという楽器として考える(サンプルで紹介) こちら

EWI5000 発売直後の試奏感想

待望の新製品EWI5000が出た! さてその実力は? プロが使える楽器たりえるのか? 今後の展開は? こちら

EWI5000 4000S Ariaの吹き比べ

ライブや録音で3つのEWIをどう使い分けるか。あなたにとっていちばんしっくりくるEWIはどのスタイルか? こちら

EWIのソロ練習に最適なiRealProというソフト

スマホやタブレットに入れてあらゆる曲の伴奏を再生。テレビに大きくコード譜を映し出し、好きなスタイルで伴奏してもらえる超お勧め環境とは? こちら

New! ローランドが出したエアロフォンを試す

本体にスピーカーが内蔵されているというのがエアロフォン最大の売りだと思うが、あまりにもショボい音。サックス奏者の室内練習器? 吹奏楽器未経験者には向いているのか? こちら


iTunesストアは「jin soda」で検索を!
『Digital Wabi-Sabi ─As Easy As EWI』 iTunesストアで発売中↑Click
(または、iTunesを開いて「jin soda」で検索!)


アマゾンMP3でも発売中!Amazonで購入↑ こちらは高音質のMP3ファイルで900円!

EWI5000 click here to see more
↑Click で製品情報へ


とにかく手にしてみよう



EWI5000
EWI5000
EWI4000S(W)の後継機。音源は管楽器シミュレーションを中心に一新。電源は単三乾電池×4本からリチウムイオン電池に。そしてワイヤレス搭載! 望まれる新機能を満載しながら、外形はEWI4000Sと同じにしたので、EWI4000Sに慣れたプレイヤーが今まで通りの感覚で吹ける。
ただし、音色や微妙なレスポンスの違い(どっしり感や粘り感)に関しては好き嫌いが分かれそう。私自身はいじってみた末に「やはりライブでは今まで通りEWI4000Sをメインに使おう」と決めました。
いずれにせよ、YAMAHAがWXを製造中止にしている今、世界のウィンドシンセサイザーはEWIに。

EWI USBというのもありますが、初めての人はEWI4000SかEWI5000を買ってください。EWI USBは音源内蔵ではなく、PCに接続しないと演奏できないので、なかなか練習する気になれないからです。
安いEWI USBをまず買ってから……と思うと、EWIの楽しさが分からないまま挫折するのではないかと思います。価格が倍以上違いますが、初めてのEWIこそEWI4000SかEWI5000を買う、これがポイントです。 ご案内はこちら

EWI4000S
EWI4000S
EWI4000Sは2013年に販売終了となり、引き続きEWI4000SWが売られていましたが、いつのまにかSWも終了し、4000Sに戻っているようです。
EWI5000が出た今、出番がなくなったかと思われがちですが、粘り気のある太い音色はEWI5000よりもずっと「EWIらしい」と思います。吹いているときの楽器との一体感や微妙なブレスコントロール、ベンド奏法における反応などもEWI5000よりアナログっぽい反応をしてくれるため、私はさんざん比較した末に、ライブではEWI5000ではなく4000Sを使うことに決めました。
EWI5000が出たために、今後、EWI4000SWも製造中止というようなことになると、プレミアがついてしまい、入手困難になることもありえます。その意味でも、最初の1本にEWI4000SWを選ぶのも賢い選択だと思います。 ご案内はこちら

EWI USB
EWI USB
EWI USB は本体に音源が内蔵されておらず、コンピュータにUSB接続しないと音が出ません。しかし、付属するAriaという音源の中にあるヴァイオリン(TH)やチューバなどは非常に魅力的な音源で、「デジタル・ワビサビ」の道具としては最適と言えるでしょう。EWIを使った私のアルバム『Digital Wabi-Sabi』(このサイトで収録曲のサンプルをお聞かせしています)でも、結果的にはほとんどがAriaのヴァイオリン音源を使いました。ライブはやらず、もっぱら録音で使うことを前提にしているならこれでもいいのですが、本体はEWI4000や5000に比べると楽器本体がややチープな作りです。その分、軽いという利点もありますが、私は右親指の第2ポジションキーが効かなくなるという不具合に複数の楽器で遭遇しており、楽器としての安定性、堅牢性にも少し疑問を抱いています。
ご案内はこちら

アンプ
ZT AMP「Lunch Box Jr」
Luch Boxをさらに小型にした弟分。この大きさ(小ささ)からは信じられないような音がするとギタリストたちの間で評判のアンプ。これなら居間のキャビネットなどにセットしておいても邪魔にならず、いつでも気軽に練習できます。
ご案内はこちら

ワイヤレス化
ワイヤレスシステム SAMSON AUDIO AirLine Guitar AP1-AG1
エレキギター用のワイヤレス化システムですが、EWI4000S/4000SWに使えます。世界中のEWI吹きがこのセットを使っているようで、YouTubeのライブ動画などでもこれをつけたEWI4000Sをよく見かけます。私も使っていますが非常にレスポンスがよく、ストレスを感じません。
新製品のEWI5000には最初から無線システムが内蔵されていますので必要ありません。 ご案内はこちら

電池駆動のBluetoothスピーカー
Bluetooth内蔵の小型パワードスピーカー
は3000円くらいからたくさん出ています
。音はLunch Boxにさすがに負けますが、Bluetooth受信再生ができるので、カラオケをスマホやiPod touchなどに入れておき、Bluetoothで再生し、本体からの音(ヘッドフォン出力端子からステレオミニプラグケーブルで)をライン入力でつなげば、自動的にミックスして出力してくれるのがとても便利。
乾電池駆動が可能なので、車などに積んでいけば、車内でも野原でも砂浜でも練習できます。とにかく重宝するので、1台あるととても便利です。 ご案内はこちら


左がYAMAHAのPDX-B11、右がZT AmpのLunch Box。大きさはあまり変わらないが、重さはLunch Boxのほうが重い(約2kg)。
音質、音量ともにLunch Boxの圧勝。Lunch Boxの音を体験すると、PBXはあまりにも線が細く、使う気になれなくなるが、乾電池駆動ができる点とBluetooth搭載でiPhoneなどからカラオケを流しながら一緒にEWI4000Sを吹けるというのがとても便利。
Lunch Boxはエレキギター用のアンプなのだが、EWI4000Sとの相性は抜群で、ギターをつないだときよりでかい音を出しても歪まない。EWI4000Sの最低音部(チューバのような音)をバリバリ出してみても割れない、歪まないのは驚き。
これでも大きすぎるというかたには、Lunch Box Jr.をお勧め↓(画像をクリックでアマゾンで在庫など確認)。
  

私のEWI4000S記録

2012年10月1日  ヤフオクで中古のEWI4000SをGET。
2012年10月1日~ 音がうまく出ない。いちばん困惑したのは裏側のオクターブローラー。とりあえず『Orca's Song』を吹けるようにしようと毎日練習。あとはブルースのアドリブフレーズなど。
2012年10月下旬  オクターブローラーに触れる左手親指の角度を変えることでうまくいくのでは? と気づく。指の腹ではなく、指の横をあてるようにしたところ、なんとなくうまくいきそうな気配。他にも毎日が発見の連続。
2012年11月3日  近所のライブハウスカフェでジャズのジャムセッションデー。始めて1か月のEWI4000Sを持参して勇敢にもセッションを試みる。
2012年11月    Gスケールではそこそこ吹けるようになった。ジム・ホールの『アランフェス』を練習台にしてほぼ毎日吹く。左手中指を抜くと、同名調に転調できると、今さらながらの発見。ベンドキーの使い方がだいぶうまくなった。
2012年12月1日  始めて2か月。2回目のジャムセッションに挑戦。前回とは違うバンドメンバーにて『アランフェス』を試みてみる。もちろん不満足ではあるが、そこそこやっていけそうな感触も掴む。

EWI4000Sを手にしてから2か月目。なんとかセッションのまねごとができるまでになった↑

2012年12月   オリジナル曲を何曲か録音してみる。EWI4000Sならではの課題や可能性が見えてきた感じ。
2013年1月2日  多くの人たちにEWIの魅力を知ってもらうために、このサイト(http://ewifan.com/)を試験的に立ち上げてみる。

EWI4000Sをワイヤレス化して、ZTのランチボックス(ミニアンプ)につないで出してみた最初の実験演奏『枯葉』↑


2013年9月   ずっと練習をさぼっていたのでうまくなっていない。ワイヤレス化して、ライブではZTのアンプを使うといいということが分かった。演奏そのものはちょっと壁にぶつかっている感じ↑ もうすぐ購入して1年。踏ん張らなくちゃ。 

次のページへ


★タヌパック音楽館は、こちら
★ギターデュオKAMUNAは、こちら
★狛犬ネットは、こちら
   takuki.comのHOMEへ(takuki.com のHOMEへ)


2013/01/02 start  2018/11/17 updated