iTunesストアは「jin soda」で検索を!
『Digital Wabi-Sabi ─As Easy As EWI』 iTunesストアで発売中↑Click
(または、iTunesを開いて「jin soda」で検索!)


Amazon で
アマゾンMP3でも発売中!↑ こちらは高音質のMP3ファイルで900円!

「デジタル・ワビサビ」の可能性を求めて


↑EWI5000をMIDIコントローラーとしてSWAMエンジンのCelloで演奏した例

EWIという楽器は「電子サックス」と考えられがちですが、この楽器の可能性を考えると、サックスやクラリネットなど実際の楽器の代用としてではなく、まったく別の独立した楽器として考えないと面白くありません。
私がEWIでレコーディングした楽曲をサンプルとして紹介します。著作権の関係から全編公開ができないので、「音源サンプル」としてバラバラにしてあります。↓
埋め込みプレイヤーが表示されない場合はアイコンをクリックしてみてください。


サンプル1 『My Endless Dream』(Jin Soda) (クリックでMP3再生)
……EWI USBに付属してくるAria音源の中のViolin(TH)を使用。チェロに聞こえるのもチェロ音源ではなくViolin(TH)の低音部を使っています。Ariaの弦関連の音源ではViolin(TH)以外は薄っぺらで使う気になれません



サンプル2 『Stephen』(Jin Soda) (クリックでMP3再生)
……Ariaのヴァイオリン音源での最初のアドリブソロの次に、EWI5000の01番音源をそのまま使ったSAX風アドリブソロを入れました。これがEWI5000の音です。サッパリ系というか、生音に似せた音作りのため、かえって使い方が難しいかもしれません



サンプル3 『Escape from Spring』(Jin Soda) (クリックでMP3再生)
……アドリブソロ部分の最初。同じく16番を低いほうから上に向かって。続いて出てくるヴァイオリンのようなソロはAriaのヴァイオリン(TH)です



サンプル4 『Escape from Spring』(Jin Soda) その2(クリックでMP3再生)
……音源ソフトAriaのヴァイオリンで始まり、次にEWI4000Sの16番(Mix Lead)とユニゾン演奏



サンプル5 『Escape from Spring』(Jin Soda) その3(クリックでMP3再生)
……曲の最後の部分、EWI4000Sの16番とAriaのヴァイオリン音源でのアドリブの応酬。EWI5000の音はあっさり系?なので、Ariaのヴァイオリンと絡めると打ち消しあうというか、音が混じってしまって足の引っ張り合いになるのですが、4000Sの音は粘りがある分、Ariaのヴァイオリンと混ぜてもこの程度にはアンサンブルが作れます

サンプル6 『Another Christmas』(Jin Soda) (クリックでMP3再生)
……曲の最後の部分、Ariaのヴァイオリン音源の中音域と低音域(チェロに見立てている)での絡み合い

サンプル7 『Autumn Leaves (dancing)』(Jin Soda) (クリックでMP3再生)
……アドリブソロ部分。これもAriaのヴァイオリン音源(中低音域をメインに)とEWI4000S本体内蔵16番の掛け合い。5000が出た今でも、4000Sの内蔵音源の音はむしろ魅力を再認識させます

サンプル8 『REM』(Jin Soda) (クリックでMP3再生)
……アドリブソロの最後からテーマに戻って終わるまで。これはAriaのTuba音源を使っています。Ariaのホーン系はしょぼい音が多くて使う気になれないのですが、このTubaはこんな使い方をするとなかなか味が出ますね。

サンプル9 『阿武隈のクリスマス』(Jin Soda) (クリックでMP3再生)
……これもAriaのViolin(TH)です。クラシック風の曲をクラシック風にまとめてみました。この音源はストレートに吹けばヴァイオリンそのものの音で、ちょっと聴いただけでは本物のヴァイオリンと区別がつかないほどなのですが、それだとつまらないので、やりすぎない程度にベンドをかけたりしてEWIっぽさを入れています。こういうクラシック調の曲だと、ベンドを多用すると違和感が増しますし、素直にやりすぎるとまさにヴァイオリンになってしまうので、加減が難しいところです。でも、その絶妙のバランスが「デジタルワビサビ」を生むと、私は考えています。

EWIの音源の選び方、考え方



EWIというと、T-SQUAREを思い浮かべる人が多いようです。ウィンドシンセサイザーの歴史はリリコンから始まっており、あの音に憧れてEWIを始める人がかなりいます。
実際、WEB上でも「伊東たけしさんの音色完全コピー」とか「宮崎さんの音」といった音源や演奏動画がたくさん見つけられます。
T-SQUAREといえば伊東たけしのリリコン or EWIといったイメージが強いためか、伊東たけし氏が抜けた後も、後任で入ったサックス奏者、本田雅人氏、宮崎隆睦氏はEWIを使ってます。
でも、これはうがった見方かもしれませんが、彼らは本当にEWIが好きなのだろうかと疑問に思ったりもします。
宮崎さんがEWIについて「スクエアに入ることになって、この楽器を始めたけれど、最初は本当に戸惑った」といったことを語っている動画を見たことがあります。それは本音だろうなと思いました。
サックスを吹きこなせる人が、なぜわざわざEWIをやらなければいけないのか?? 私だったらやらないだろうと思うのです。
ホーンの音色で演奏したり、バリバリのアナログシンセサイザーの音でやるのであれば、本物の管楽器やキーボードシンセサイザーでいいはずです。フュージョン系のタイトなリズムセクションをバックにして音を立たせるためにはどうしてもバリバリ、キラキラの音色で目一杯吹きまくらなければならないわけで、ブレスによるコントロールや微妙な音色変化といったEWIならではの面白さ、魅力が出しづらいのではないでしょうか。

管楽器のシミュレーターとして使うなら本物の(生の)楽器を演奏したほうがいいじゃん……というのは、EWIをやっていくうちに必ずぶつかるジレンマです。
もちろん、自分はそれができないからEWIを使うわけですが、所詮玩具だろ、というレベルで終わるのは悔しいですし、追求していく意味が見つけにくくなります。
私もさんざん迷いましたが、Ariaのヴァイオリン音源で録音してみたとき、「いや、EWIでやる意味はある」と確信できるようになりました。

EWI4000Sの内蔵音源はよくできていますが、録音するとしょぼいです。これなら本物の管楽器を使ったほうがずっといいじゃん、という感じになります。
後継機種EWI5000は、さらにしょぼくなりました。これは開発者がEWIの本当の魅力を理解せず、単に「いかに生楽器の音をリアルにシミュレートするか」という視点で開発したからでしょう。似せれば似せるほどEWIは「本来の楽器の代用品」になってしまうということに気づいていません。
管楽器系の内蔵音色も、シミュレートがしょぼくて、EWI4000Sにあった独特のニュアンスや迫力が消えてしまいました。
ライブではまだいいのです。でかい音が出ますし、アンプから出てくる音を生で聴けば、それなりの息吹も感じられます。
でも、録音してしまうと途端にしょぼく(平板な印象に)なるのですね。

しかし、ヴァイオリン音源(シミュレーション音源ではなくて本物のヴァイオリンによるサンプリング音源)をEWIで演奏すると、本物のヴァイオリンでは出ない、面白い表情が作れます。
私にとっては、サックスではスムースさ(なめらかさ)を出すのが難しいし、ヴァイオリンのような擦弦楽器では表現しきれない大振りなベンドや音の急速な上下の動きなど、EWIの得意とする奏法を追求していくことで、生楽器に負けない魅力が引き出せると感じています。これが私がめざしている「デジタル・ワビサビ」の目標です。

EWI-USBに付属するAria音源の画面
↑EWI USBに付属してくるAriaという音源ソフトの画面


そんなわけで、私がEWIという楽器に無意識のうちに期待していたのは、こんな雰囲気の(上のサンプルのような)↑ メロウでスムースな表現だということに、1年たって確信を持てるようになりました。
これをそれぞれ、サックスやクラリネット、ヴァイオリン、チェロだと思って聴いてはいけません。なんの先入観も持たず、ただ「音楽作品」として聴いてもらえるようになったとき、EWIによる音楽は初めて世に認知されたことになるのかな、と思います。

EWIと外部音源

EWI4000Sは音源が内蔵されていて、独立した楽器として使えることが最大の魅力です。カシオのデジタルホーンを例外として、従来のウィンドシンセサイザー(リリコンやYAMAHAのWX)は必ず本体とは別に外部音源が必要でした。それがいらなくなったということだけで、演奏する際の「気持ち」が軽くなるのですね。

トランスミッターを使ってワイヤレス化すれば、さらに自由度が高くなります。ステージから客席に降りていって演奏するなどということも可能です。
しかし、EWI吹きの人たちからはよく「EWI4000Sの音源は、以前のアナログ音源に比べると線が細い」といった声を聞きます。
そうなのかな、と思って、EWI3000mという2代目の音源を購入してみました。これは完全なアナログシンセサイザー音源です。しかし、シンセサイザー音源として考えれば確かにアナログ音源らしい味がありますが、私は今のところ、EWI4000Sに内蔵されているデジタル音源のすっきり感のほうがむしろ使いやすいかな、とも感じています。

いくつかの外部音源を試してみると、ますますEWI4000Sという楽器はよくできた「独立した楽器」なのだということが分かります。
いわゆるリリコン的なきらびやかで派手な音が好きな人は外部のアナログ音源を使うことを考えてもいいのでしょうが、自分としてはあの系統の(派手目のシンセっぽいギラギラの)音はむしろ好きではないので、ライブではほとんど内蔵16番の音源しか使っていません。1番もまあまあいいのですが、オーボエやソプラノサックスが好きな私としては16番がいちばん気に入っています。
エディットするとすれば、オクターブ下の音を重ねる割合をほとんど気づかれないくらい薄くして、オクターブキーで演奏したときの音を違和感なく太くするという程度でしょうか。
それ以上いじっていくと、どんどんアナログシンセサイザーっぽく(リリコンっぽく)なってしまって、私としては面白くありません。(もちろんこれは完全に好みの問題ですので、ご自分の好きな音色を追求してください)

一方、デジタルワビサビ路線はEWI4000Sの内蔵音源では難しいので、アナログシンセサイザー的なものとは別の外部音源に頼るしかなくなります。
EWI USB はまさにそれを形にしたものでしょう。私も、Ariaという音源ソフトを試したいために、EWI USBを後から購入してみました。
結論としては、Ariaはなかなか面白い音源です。
ただし、この音源ソフトは、サックスなどの本来EWIが得意としそうな管楽器系の音源が軒並みしょぼいのです。
これなら本物のほうがよほどいい。本物に負けてしまうなら、使っていても惨めになる……という感じなのですね。
唯一の例外が、上のサンプルで紹介しているヴァイオリン音源(TH)でした。
ヴァイオリンのシミュレートとしてもなかなかのものなのですが、EWIなのですから、シミュレートという発想はある程度捨てないと辛くなります。むしろ、ヴァイオリンにはできない奏法、音色を引き出すくらいの気持ちでやったほうが、EWIの潜在能力が引き出せると思います。
あとはTubaが面白いですね。なぜかホルンやトランペット、トロンボーンなどはちゃちで使う気がしません。
デジタルワビサビ
YAMAHAのWXをちょっと試したときに感じた違和感は、「外部の音源をMIDIで鳴らすための道具」という感触が強くて、ひとつの独立した楽器としての一体感を得られにくいことでした。
EWI4000Sを完全なMIDIコントローラーとして使う場合も同じことなのですが、Ariaはそこそこ違和感なく使えます。
ちなみに、AriaをEWI USBでコントロールするのとEWI4000SのMIDI出力でコントロールするのとでは、私には差が感じられませんでした。ということは、Ariaさえあれば、入力機としてのEWI USBはいらない、ということになります。


改めて思うのは、ウィンドシンセサイザーをMIDI入力機として使う場合の音源は、ウィンドシンセサイザー専用に作られた音源じゃないと厳しいということです。SampleTankやKontaktなどの弦楽器サンプリング音源でも試してみましたが、やはりブツブツと音が切れたり、不自然なベンドになったりしてうまくいきません。これらの一般音源はキーボードで入力することを前提としているからです。
キーボードでは、キータッチによって音が入力されますが、EWIでは、最初の音はキータッチからではなく、キータッチと息が一緒になって初めて音が出ますので、キーに触っているだけでは入力になりません。そのせいで、キーボード用の音源だと、最初の1音が出ないのですね。
ですから、録音などで一般の外部音源を併用するとしても、キーボードで入力して、後からコンピュータ上でボリュームカーブなどを細かく調整・修整していくという作業のほうがうまくいきます。
上のサンプルにはオーケストラ音源が薄く後ろに入っているものもありますが、これはキーボードで入力しています。EWIで入力すると強弱などがリアルに出るかな、と思ったのですが、そうでもありませんでした。むしろブレスやエクスプレッションなどの信号が過密になって、音がスムーズに出てくれない感じです。

残念ながらウィンドシンセサイザー専用の外部音源は、あまり製造されていません。YAMAHAではWX5用にVL70-mという外部音源(ハード音源)を出していましたが、これも製造中止になっていて、今では中古を探すしかありません。
ただ、私自身はVL70-mの音はいかにも「シンセサイザーの音」という感じがして、触手が伸びません。
最近では、SWAMというエンジンを使ったヴィオラやチェロの音源が発売され、これもそこそこ使えます。このページのトップにある動画はSWAMエンジンのチェロ音源で録音しています。

リアルを追求するとどうしても生楽器に比較されてしまい貧乏くさく聞こえてしまいますし、かといってデジタルデジタルしたシンセ音でとんがるとリリコン風のメタリックな音に近づき、ワビサビ感が限りなく薄れてしまうので、そこがジレンマです。

長くなりましたが、結論は、


……というのが、現時点での私の考え方です。

inMusic Brands Inc.への切なるお願い

AKAIというメーカーはずいぶん前に倒産して存在していません。その後、Akai Professionalというブランドはアメリカの inMusic Brands Inc. というベンチャー企業に吸収され、EWIシリーズも、実質、アメリカのinMusic社が開発を続けているようです。その日本支社がNumark Japanという名称なんですね。 そこで inMusic社にぜひ要望したいのは、

EWI4000SにAriaのヴァイオリン音源(TH)とTuba音源を追加した新製品を作ってほしい

ということです。
他はいりません。Ariaで使える(使いたいと思える)音はこの2つくらいですから。
現在のCPUの性能、内蔵メモリの性能からすれば可能なはずです。

その際、 これが実現すれば世界最強のウィンドシンセサイザーとして一気にハイアマチュアやプロ演奏家に普及するでしょう。
ついでにハード的には、
の2点をお願いしたいです。 これらが実現したら、20万円でも30万円でも私は買います。
擦弦楽器音源のみのEWIでもかまいません。それ専用のEWIとして、喜んで金を出します。
いろいろな制約があってそれが不可能なのであれば、せめてAriaの音源を外部音源としてハード製品にしてください。ライブにPCを持ち込むなんてことはしたくないですし、録音作業においても、VSTプラグインでかませてMIDI信号で入力していくよりも、リアルタイムで音を出して、その音をオーディオ信号としてどんどん録音できたほうが作業効率も上がるし、演奏もタイムレイテンシーが軽減されて楽ですから。

EWI5000のリポートは⇒次のページでどうぞ。
2016/10/18 updated

index(内容は随時更新の予定)

EWI4000Sを知るまでの挫折の記録こちら 大学生の時のサックス3日坊主、アルトリコーダー、カシオデジタルホーン、YAMAHA WX1、YAMAHAサイレントチェロ、ザフーン……とすべて数日で諦めて、ついに出逢ったのがこれ! EWI4000Sはなぜ続けられたのか?
オクターブローラーという最初の壁こちら 親指の角度を変えることに気づくまでひと月かかってしまった
Gスケールから練習するといいよねこちら Cスケールだけでなく、いっそGスケールから始めてみてもいいんじゃないの?
複数のキーポジションを使い分けるこちら 曲やフレーズによってやりやすいポジションが変わる
ベンドキーの魔力こちら これを使いこなせば一気に表現力UP。癖になりすぎて怖い?
なんちゃってブルースこちら セッションの定番といえばブルース。これをとにかくそれっぽくやるためのガバサクとは?
音源の選び方、考え方 (このページ) EWIという楽器をどう考えるか? 「何かのシミュレート」ではなく、EWIという楽器として考える(サンプルで紹介)
EWI5000 発売直後の試奏感想こちら 待望の新製品EWI5000が出た! さてその実力は? プロが使える楽器たりえるのか? 今後の展開は?
EWI5000 4000S Ariaの吹き比べこちら ライブや録音で3つのEWIをどう使い分けるか。あなたにとっていちばんしっくりくるEWIはどのスタイルか?
New! EWIのソロ練習に最適なiRealProというソフトこちら スマホやタブレットに入れてあらゆる曲の伴奏を再生。テレビに大きくコード譜を映し出し、好きなスタイルで伴奏してもらえる超お勧め環境とは?

とにかく手にしてみよう



EWI5000
EWI5000
EWI4000S(W)の後継機。音源は管楽器シミュレーションを中心に一新。電源は単三乾電池×4本からリチウムイオン電池に。そしてワイヤレス搭載! 望まれる新機能を満載しながら、外形はEWI4000Sと同じにしたので、EWI4000Sに慣れたプレイヤーが今まで通りの感覚で吹ける。
ただし、音色や微妙なレスポンスの違い(どっしり感や粘り感)に関しては好き嫌いが分かれそう。私自身はいじってみた末に「やはりライブでは今まで通りEWI4000Sをメインに使おう」と決めました。
いずれにせよ、YAMAHAがWXを製造中止にしている今、世界のウィンドシンセサイザーはEWIに。

EWI USBというのもありますが、初めての人はEWI4000S(W)かEWI5000を買ってください。EWI USBは音源内蔵ではなく、PCに接続しないと演奏できないので、なかなか練習する気になれないからです。
安いEWI USBをまず買ってから……と思うと、EWIの楽しさが分からないまま挫折するのではないかと思います。価格が倍以上違いますが、初めてのEWIこそEWI4000S(W)かEWI5000を買う、これがポイントです。 ご案内はこちら

EWI4000SW
EWI4000SW
EWI4000Sは2013年に販売終了となり、引き続きEWI4000SWが売られています。基本的には何も変わっておらず、色が白基調になっただけです。内蔵音色が80から93に増えましたが、外部音色エディタで作って保存すれば同じことなので、色以外は何も変わっていないと言ってもいいでしょう。
EWI5000が出た今、出番がなくなったかと思われがちですが、粘り気のある太い音色はEWI5000よりもずっと「EWIらしい」と思います。吹いているときの楽器との一体感や微妙なブレスコントロール、ベンド奏法における反応などもEWI5000よりアナログっぽい反応をしてくれるため、私はさんざん比較した末に、ライブではEWI5000ではなく4000Sを使うことに決めました。
EWI5000が出たために、今後、EWI4000SWも製造中止というようなことになると、プレミアがついてしまい、入手困難になることもありえます。その意味でも、最初の1本にEWI4000SWを選ぶのも賢い選択だと思います。 ご案内はこちら

EWI4000S
(並行輸入品)
EWI4000S
日本国内ではすでにEWI4000Sの製造が終わり、EWI4000SWになっていますが、中身は同じです(内蔵音源の種類が若干増えていますが、Vizexという付属の音色編集ソフトでいじれるので同じことです)。かつては価格が安いのでこの並行輸入品がいちばんのお勧めでしたが、5000の登場で4000SWが値崩れしているようなので、現時点での価格を比較した上で決めてください。保証書や日本語説明書はついていません。(2014年8月現在、EWI5000にも日本語マニュアルはついていません)
ご案内はこちら

EWI USB
(並行輸入品)
EWI USB
EWI USB は本体に音源が内蔵されておらず、コンピュータにUSB接続しないと音が出ません。しかし、付属するAriaというサンプリング音源の中にあるヴァイオリン(TH)やチューバなどは非常に魅力的な音源で、「デジタル・ワビサビ」の道具としては最適と言えるでしょう。EWIを使った私のアルバム『Digital Wabi-Sabi』(このサイトで収録曲のサンプルをお聞かせしています)でも、結果的にはほとんどがAriaのヴァイオリン音源を使いました。ライブはやらず、もっぱら録音で使うことを前提にしているならこれでもいいのですが、本体はEWI4000や5000に比べると楽器本体がややチープな作りです。その分、軽いという利点もありますが、私は右親指の第2ポジションキーが効かなくなるという不具合に複数の楽器で遭遇しており、楽器としての安定性、堅牢性にも少し疑問を抱いています。
ご案内はこちら

ハードケース
ハードケース
EWI4000/5000専用ではなく、ソプラノサックスのケースですが、サイズはぴったりだそうです。宅急便で送る場合など、ソフトケースでは不安なため、どうしてもハードケースがほしくなります。懐に余裕があれば、最初からこのケースと一緒に買うことをお勧めします。

アンプ
ZT AMP「Lunch Box」
ギターアンプですが、EWI用のパワードスピーカーとして一推しします。サイズは185mm x 250mm x 112mmと、名前の通り小さいのですが、小さなライブハウスならこれで十分というくらいのでかい音が出ます。音質も素晴らしい! 超お勧め! 
アコースティックギター用の Lunch Box Acoustic というのもありますが、値段がだいぶ違うようなら、価格を比較した上で決めてください。EWI4000との相性は抜群で、素直でクリアな音が出ます。 ご案内はこちら

アンプ
ZT AMP「Lunch Box Jr」
Luch Boxをさらに小型にした弟分。この大きさ(小ささ)からは信じられないような音がするとギタリストたちの間で評判のアンプ。これなら居間のキャビネットなどにセットしておいても邪魔にならず、いつでも気軽に練習できます。
ご案内はこちら

ワイヤレス化
ワイヤレスシステム SAMSON AUDIO AirLine Guitar AP1-AG1
エレキギター用のワイヤレス化システムですが、EWI4000S/4000SWに使えます。世界中のEWI吹きがこのセットを使っているようで、YouTubeのライブ動画などでもこれをつけたEWI4000Sをよく見かけます。私も使っていますが非常にレスポンスがよく、ストレスを感じません。
新製品のEWI5000には最初から無線システムが内蔵されていますので必要ありません。 ご案内はこちら

Bluetoothで
Bluetooth小型パワードスピーカー PDX-B11
音はLunch Boxには圧倒的に負けますが、Bluetooth受信再生ができるので、カラオケをスマホやiPod touchなどに入れておき、Bluetoothで再生し、本体からの音をライン入力でつなげば、自動的にミックスして出力してくれるのがとても便利。
乾電池駆動が可能なので、車などに積んでいけば、車内でも野原でも砂浜でも練習できます。音質は硬くて痩せているので、音的にはEWIに向いていない(高音がキンキンして安っぽく聞こえる)のですが、とにかく重宝するので、1台あると便利です。でも、電源があるところではやっぱりLunch Boxですね。音の迫力や細やかさが全然違います。

1つ前に前のページへ       Homeへ        次のページへ 次へ

★タヌパック音楽館は、こちら
★ギターデュオKAMUNAは、こちら
★狛犬ネットは、こちら
   takuki.comのHOMEへ(takuki.com のHOMEへ)